2007年11月26日

教育入院

短期間入院して指導を受ける「教育入院」というものがあります。

病気の知識や治療法、生活上の注意点などを集中して学ぶ入院プログラムで、医師や看護師、栄養士などがチームで取り組んでいます。
メタボリックシンドロームや糖尿病などに対し生活習慣を改めることを目的とした治療の一環で、最近では高血圧や肥満をテーマにしたものもあるようです。

1990年代以降増えており、2008年4月に始まる特定保健指導では積極的介入を必要とされる人が数多くでると予想されますが、教育入院でのノウハウがその受け皿になる可能性があるとされています。

実際にはどのような日程でおこなわれるのでしょうか。新聞に記者の体験入院が載っています。(11月18日付けの日本経済新聞より)


東京逓信病院の「メタボリックシンドローム教育入院」によると・・・

初日午前 :医師による座学
  午後 :検査
二日目午前:栄養士による栄養指導
三日目午後:医師によるアドバイス

とあります。3日間の座学の合計時間は5時間。
座学と同時に検査、そしてその結果による個別アドバイスがこの3日間で受けられるということなんですね。

教育入院の効果も外来より高い治療効果がでているそうです。この記事によれば朝日生命成人病研究所付属丸の内病院での糖尿病患者の教育入院した50人と外来治療した145人を調査した結果、高血糖のレベルを示すヘモグロビンA1cおよび肥満度をあらわすBMIで教育入院した患者のほうが外来患者よりも減り方が大きかったそうです。

(教育入院を実施している主な病院)
【糖尿病】東京都済生会中央病院(東京)
     朝日生命成人病研究所付属丸の内病院(東京)
     金沢大学病院 (金沢市)
     聖マリア病院 (福岡県久留米市)
【肥満・メタボリックシンドローム】
     東京逓信病院 (東京)
     国立病院機構三重病院(津市)
     住友病院 (大阪市)
     高知大学病院 (高知県南国市)
【高血圧】東京大学病院 (東京)
     国立循環器病センター (大阪府吹田市)

(保険)
費用は公的医療保険の対象で自己負担(3割)です。
例えば東京逓信病院のメタボリックシンドローム教育入院は2泊3日で約3万5千円です。

     

オススメブログ
スワロフスキー
ロエベ
ドゥラメール
脳内メーカー
ロクシタン

   



posted by けんくろう at 18:34 | Comment(2) | TrackBack(1) | ミニ知識
この記事へのコメント
ちょwwネタかと思ってたらホンマに寝てるだけでいいんかよw
ってか気づいたら3回も搾り取られてたしwwww\nhttp://c-cock.com/md/EuMFZNki.html
Posted by きゃん太 at 2008年01月09日 16:36
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 18:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 15:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。