2007年06月01日

実践 「血糖値 計るだけで下がった」

血糖自己測定を一定期間続けた結果わかったことがあります。

「ためしてガッテン!」の「血糖値 計るだけで下がった」は本当でした!
計ることを続けていくと食事の前やおやつを食べようかなというときに必ず血糖値にどう影響するかを考えるので今までだったら何も考えずに食べていた脂っこいものや、おかわり、甘いおやつを控えるようになりました。

血糖値のことなんか考えながら我慢して食事したくない・・・なんていう人もいますが、実際に血糖値が計測のたびに下がってゆくのは変な言い方ですが楽しいものです。食後の2時間にそれがわかるのだから、目の前のおやつより健康になるほうがいいやと思えればあまり苦になりません。目に見えて結果がでるというのは大切だなと感じました。

もうひとつの発見は飲食の内容によって食後血糖がかなり上下するということ。
もちろん個人差はあると思えますが、私の場合はアルコールはテキメンでした。
もともとアルコールに強いほうではないのですが、週末金土日に続けて3日ほど飲酒したところ食後2時間血糖が正常といわれる110未満にもどるのに4日かかりました。すなわち日曜日まで3日間飲んでいたら正常値になったのはやっと木曜日。それまでは月曜から水曜日までそれぞれ、258、230、190、で、やっと、木曜日98。飲んだのはビールのみで一日あたり1500mlくらい。そういえば月曜日は胃腸もなんか調子悪かった。繰り返しになりますが、個人差あるでしょうからこの話はあくまでもご参考まで。

あ、それとわたしが購入した自己測定器には100件まで自動記憶ができますから測定結果をいちいちつけなくても、時間があるときにノートにつければいいので便利です。ズボラな私には重宝してます。
posted by けんくろう at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。