2007年05月31日

血糖自己測定器、アキュチェックコンフォート その2

購入した血糖自己測定器、アキュチェックコンフォート、Accu-Chek Comfortはこの測定器の他に穿刺、つまり血液を出すための針、ランセットといいます。このランセットを取り付けて指に刺す深さを調節する穿刺器、及び血液を吸い取らせるセンサー(テストストリップS)という薄いプラスチックの板があります。このランセットとセンサー(テストストリップS)は使い捨てで、なくなったら取扱店で購入する必要あります。

以上アキュチェックコンフォート、Accu-Chek Comfort、穿刺器、ランセット、センサー(テストストリップS)4つでセット1万5千円でした。後でインターネットで見たらこのセットで1万円というのもありましたからよく探せばもっと安く販売しているところもあるかもしれません。

また、針(ランセット)とセンサー(テストストリップS)は使い捨てのためなくなったら改めて購入する必要あります。特にセンサー(テストストリップS)は25枚入りでどこでも税込みで2,887円くらいなので1枚辺り約115円。だから一回の測定にこれだけは最低でもかかるということになります。

センサー(テストストリップS)無駄にしないように、最初はこまめに計っていましたが、その後は決まったとき、夕食後2時間に測るようにしています。

それと穿刺器を使うときはなにぶん針で刺すものですし、指先は神経が集中しているので当然ながらちょっと痛いです。刺す深さ調節して痛みが少しでも少ないほうでかつ測定に十分な血液が採取できるようにしてください。

posted by けんくろう at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43858366

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。