2007年05月25日

合併症?

全国で1370万人もいるといわれる糖尿病(平成9年の糖尿病実態調査)、一方で治療を受けている人は212万人(平成11年患者調査)しかいないというこの不思議。
それでは放って置いても心配ないから治療を受ける人が少ないのでしょうか?

糖尿病を放置しておくと合併症がでてしまうようです。これは、糖尿病がもとになって起こる、別の病気や症状のことで糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症があり、これらを3大合併症というそうです。
具体的には神経障害からは手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかないなどです。そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。
網膜症は目の底にある網膜という部分の血管が悪くなり、視力が弱まります。中には失明する場合もあります。
腎症は尿を作る腎臓の、糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、だんだんに尿が作れなくなります。すると人工透析といって、機械で血液の不要な成分をろ過するようになります。週に2〜3回、病院などで透析を受けるようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在人工透析の原因の第一位がこの糖尿病腎症だそうです。

本によってはこれらをまとめて「しめじ」と略しているものもあります、し(神経障害)・め(目・網膜症)・じ(腎症)です。全くありがたくないきのこです。

こうしてみてくると糖尿病を放っておくと心配ないどころかかなり怖いことになりそうです。
posted by けんくろう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-05-31 16:12

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 03:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。